FC2ブログ

◆運動とダイエット② リバウンドしないダイエットには運動が不可欠です

ダイエット
02 /21 2016
diet

こんにちはPNF Balance Studioの宮本です
今回は運動とダイエットの続きで基礎代謝についてご紹介します。

基礎代謝をupするには?

前回のブログでお話したように、リバウンドしないでダイエットを成功させる為には基礎代謝が重要です。

年齢、性別以外に個人差ももちろんあるのですが、基本的には筋肉量と体重で変動します。

車で表すと筋肉量は排気量、体重は車重でカロリーはガソリンです。

なので、よりカロリーを消費する体へ変えるために、体重は減らす方向ですので、あとは筋肉量を増やす事になります。

呼吸しているだけでも筋肉は少しずつエネルギーを使っています。

さらに体を動かす事でカロリーの消費はどんどん高まります。

大排気量の車は総じて燃費が悪いのと同じ理由です。

自分に合ったチョイスで良いと思いますが、効率でいうとまずはスクワットや、腹筋、背筋などで大きい筋肉群から鍛えると効果も早まります。

女性は男性に比べ筋肉はつき難く、脂肪はつき易い体質になっていますので、スクワットで筋肉がついて足が太くなるのは、よほどの負荷や頻度でしない限り大丈夫です。

次に、有酸素運動ですがダイエットにも健康にも良いことは明らかです。

ただ、なかなか時間がとれず実行できない人も多いかと思いますが、無理してスポーックラブに通ったり、着替えて公園を走ったりしなくとも、ウォーキングでも充分な有酸素運動といえます。

この歩くという行為が、効果的かつ手軽で軽負荷なので長続きしやすくダイエットにはもってこいです。

さらに、歩くときは少し大股で歩くと姿勢維持のために骨盤や股関節まわりの細かい筋肉達が働くので消費エネルギーのupにも、腰痛予防にも効果的です。

あと、有酸素運動のメリットはまだあります。

消費の順番?

運動を始めると、まず血液中の脂肪が分解されます。

これはかなり重要で血液中の脂肪は血液をドロドロにして血圧を上げます(高血圧)。

また血管の壁にたまって血管の弾力性がなくなります(動脈硬化)。

どちらも危険な血管系の疾患を引き起こしやすくなります。

次に内蔵脂肪へと移行します。

内蔵脂肪は腹筋の内側にあり内蔵を取り巻くようについていますが、増えるにつれて血糖値が上がりやすくなったり、中性脂肪やコレステロール増加の原因になり成人病の罹患率が高くなります。

その後も運動を続ける事で皮下脂肪が燃えだします。

という事でダイエット&運動の組み合わせは、健康な体作りには必要不可欠です。

大切な自分のカラダです。

しっかりメンテナンスをして大事につかいましょう(^-^)ノ

logo白

=============================
PNF Barance Studio
代表トレーナー 宮本 博之

〒589-0023
大阪狭山市大野台2丁目19-5

TEL:072-284-8097
Emailinfo@pnfseitai.com
Webhttp://pnfseitai.com


オンライン予約(初回)

お問い合わせ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

pnfseitai



ブログでは主に健康やダイエットに役立つ情報+スタジオのイベントや個人日記を書いています。

わかりやすさを重視していますので、説明不足な部分もあるかと思いますがご容赦下さい。

質問も大歓迎です!コメントからお気軽にお願いします(^^)/