FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆紫外線の波長3つの特徴とは?美肌を守るために知っておきたいこと

健康
06 /03 2016
紫外線5

こんにちは、PNF Balance Studioの宮本です。

6月になり今年も紫外線が気になりだす時期かと思います。

でも、日焼け止めは使うけど紫外線の内容や性質はあまり知らない人も意外と多いのではないでしょうか?

紫外線

紫外線は浴びる事でビタミンDの合成を促進する効果があるのですが、その半面シミ、そばかす、皮膚ガンへの影響といった有害な話も良く聞きます。

そんな紫外線の特性を簡単にご説明します。

紫外線6

紫外線にはUV-A、UV-B、UV-Cの3種類があります。


では、それぞれの特徴をみていきましょう!

【UV-A】

波長が長く、天気を問わず地面に届きます。

日焼けをすると黒くなります。
危険度★☆☆☆☆

体への影響:大量に浴びると、しわ、たるみなど皮膚の老化を早めます。

照射量:冬でも1/2にしかならず、紫外線対策は1年中する必要があります。



【UV-B】

波長が短く天気が悪い日は少ない。

日焼けをすると赤くなります。
危険度★★★☆☆

体への影響:大量に浴びると免疫力の低下を招き、皮膚がんや白内障を誘発する恐れがあります。

照射量:日本ではオゾン量が減る6~8月頃がピークで、冬場には少なくなります。



【UV-C】

オゾン層により吸収され現在は影響なし。
危険度★★★★★

体への影響:DNAに影響を与え、皮膚癌の要因になる、といわれていますがまだまだ不明な点が多いです。
UV-Bと比べてもかなり危険な事は間違いないようです。

照射量:オゾン層の破壊が進行すると、今後地表に届く可能性は十分あります。



紫外線3

【日焼け止めでの対策】

日焼け止めにはSPF・PAといった記号がありますが、SPFはUV-Bを、PAはUV-Aを防ぐ目安です。

SPF3の場合、なしの状態から3倍日焼けが防げるという意味です。

PAは後ろの+の数が多いほど効果が高くなります。

【目安】 

SPF30以下:通常の生活、屋内での仕事、屋内スポーツなど  

SPF30以上:散歩、外での作業、屋外スポーツ、海水浴など
 

SPF値の高い日焼け止めは効果は高いのですが、紫外線吸収剤が肌の水分や脂分を吸収するので皮膚が乾燥します。

肌の弱い方は、SPF30までのクリームがお勧めです。

そして、日焼け止めは2~3時間おきに塗りなおしましょう。

紫外線2

最近ではUVカットウエアも豊富ですし、サングラスも上手く併用すると良いと思います。

これからの季節、外出時には紫外線対策も忘れずに!

大切な自分のカラダです。

しっかりメンテナンスをして大事につかいましょう(^-^)ノ

logo白

=============================
PNF Barance Studio
代表トレーナー 宮本 博之

〒589-0023
大阪狭山市大野台2丁目19-5

TEL:072-284-8097
Emailinfo@pnfseitai.com
Webhttp://pnfseitai.com


オンライン予約(初回)

お問い合わせ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

pnfseitai



ブログでは主に健康やダイエットに役立つ情報+スタジオのイベントや個人日記を書いています。

わかりやすさを重視していますので、説明不足な部分もあるかと思いますがご容赦下さい。

質問も大歓迎です!コメントからお気軽にお願いします(^^)/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。